にほんのうた・オフィシャル・ウェブサイト

2010年06月20日

にほんのうた移動上映記者発表会

6月10日に東京都港区青南小学校で行われた「『にほんのうた移動上映』記者発表会」の模様をレポートします!


61001.JPG 61002.JPG


この記者発表会は、これから今年いっぱいをかけて行われる『にほんのうた移動上映』のお披露目会ということで、実際にまわる機会の多い小学校を舞台に本番さながらの上映会を行い、メディアの方々を御呼びして、その様子をご覧頂こうということで企画されました。

小学生にとっても、社会科見学として、記者発表会とはどういうものか?を生でみてもらおうということで、学校側にご協力いただき、実現出来る運びとなりました。


61003.JPG 61004.JPG


13:35からの5時間目、青南小学校4〜6年生を体育館に集め、記者発表会が始まりました。最初は、にほんのうた実行委員会・委員長のADKアーツ佐藤啓氏によるこの企画の成り立ちの説明と、参加してくださった映像作家の方々の紹介。


続いて、子供たちに向けてのミニ上映会、はじまりはじまり〜〜


61005.JPG 61006.JPG


大貫妙子さんによる「この道」(『にほんのうた第一集』収録)を犬童一心監督が映像化した作品が上映され、子供たちは楽曲に合わせて踊る様々な登場人物に興味津々。蜂のカッコをしたおチビちゃんに「なんだあれ〜」の声が上がったりと、犬童監督の描き出した独特の世界に惹き込まれていました。


続いて、曽我部恵一さんによる「荒城の月」(『にほんのうた第三集』収録)の生ライブ。
小学生だからといって手加減は一切無し。鬼気迫る、迫力ある唄の力。熱のこもった曽我部さんの歌と演奏に、じっと視線を送り続ける子供たちの姿が非常に印象的でした。


61007.JPG


曽我部さんによる唄の後は、大貫妙子さん、犬童一心監督、振り付けを担当した香瑠鼓さんによるトークショウ。犬童監督が、大貫さんによる「この道」が元々好きで、このプロジェクトに声をかけられた際運命を感じて選んだといった経緯や、そもそも振り付けする事自体が合わなそうな「この道」にあえて振り付けをして、それを香瑠鼓さんにお願いしたいと思ったことなどを話してくださいました。


香瑠鼓さんのBLOGでは撮影や記者発表での様子が綴られています。
http://kaorucox.exblog.jp/12783401/

61008.JPG


御三方へ、子供たちからのナマ質問も飛び出し、大貫さんも子供たちから「たくさんのエネルギーを貰えました。」とおっしゃっていました。


61009.JPG
※映像作家の皆さん、大貫さん、曽我部さん、「この道」に出演された皆さんとで記念写真。一番右の虫???・・・これは「黄金虫」の着ぐるみ君です。当日も当然、大人気。山下敦弘監督による「黄金虫」、映像が気になりますね!


6時間目も続いたこの催しの中で、「あめふりくまのこ」を歌うワークショップや、香瑠鼓さんと「この道」出演者の皆さんと一緒に踊るダンス・ワークショップなども開かれ、子供たちの一生懸命な歌声と元気な踊りで、記者発表会は終了。


61010.JPG

61011.JPG
※大人も子供も300人で「この道」ダンス!!!


61012.JPG


これから、本格的に「にほんのうた移動上映」がはじまりまります。
詳しいスケジュールは下記ホームページに近日中に掲載されます。
http://www.nihonnouta-caravan.com

お近くに来ることがあれば、ぜひ、見にいらしてください!!!


当日のYahoo!NEWS記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000042-minkei-l13


twitterでもつぶやいています!
http://twitter.com/uta_caravan


東京都港区青南小学校関係者の皆様に感謝しつつ、子供たちがその日の出来事でいちばん心に残った事を家に帰って話してくれたら嬉しいな、と思った1日でした。

2010年06月15日

"にほんのうた楽団" 結成!

8月8日夢の島公園陸上競技場にて行われる、夏の風物詩・野外音楽フェスティバル「WORLD HAPPINESS 2010」に、この日限りの限定ユニット にほんのうた楽団(小池光子+高田漣+ASA-CHANG+鈴木正人)が出演決定!

誰もが知るうたの数々、どんな童謡・唱歌が歌われるか、ご期待下さい。また、当日は『にほんのうた』の楽曲を映像化し、全国の小学校や商業施設で上映する「にほんのうたキャラバン」の移動上映車(トラック)も会場に駆けつけ、映像作品もお楽しみいただく事が出来ます。

詳しくは・・・
http://www.world-happiness.com/

2010年06月14日

舞台『世界のどこにでもある、場所』

にほんのうた x 映画監督 大森一樹 x 劇団SET(スーパーエキセントリックシアター)
による舞台『世界のどこにでもある、場所』が8月、下北沢駅前劇場で行われます。

実際に「にほんのうた」に参加された小池光子さん(ビューティフルハミングバード)と中山うりさんが、なんとこの舞台に日替わりで出演、素敵な唄を披露してくださることになりました!

詳しくは・・・
http://www.set1979.com/perform/detail/16.php

2010年05月23日

2010年5月4日「mammoth pow-wow music&camp festival」

ゴールデンウィークまっただ中の5月4日~5日に富士五湖のひとつ、西湖にて開催された「mammoth pow-wow music&camp festival」のリポートをお届けします。


このフェスティバルは、子供たちのためのフェスということで、西湖のPICAというキャンプ場を一晩借り切って行われています。今年で3回目の開催。主催はニーハイメディアという「paper sky」「pkants+」などを発行している出版社で、同社のこども向け雑誌「mammoth」「baby-mammoth」のイベントとして行われています。


今年はその音楽ステージに、にほんのうた第四集に参加されたイノトモさんと、ASA-CHANGが出演しました。イノトモさんは、第四集ではピラニアンズによるアフリカンなアレンジだった「小ぎつね」をひとりヴァージョンで披露してくださいました。また、ASA-CHANGはううじんさんという女性ヴォーカリストと二人で、キャンプ場にバッチリな、たおやかな歌とドラム(ドラムといってもいろんな楽器がたくさん出てきて、ベビー用ガラガラとか、足に鈴をつけたりして)子供も大人も、誰もが楽しめるステージになりました。


また、commmonsではnaomi&goroでお馴染みの伊藤ゴローさんも登場。なんと、息子のタローくんが「森のクマさん」をステージで堂々と披露。会場を沸かせていました。(しかも、ギター高野寛さん、パーカッションASA-CHANGという豪華布陣!)


このフェスティバルは音楽ステージだけではなく、たくさんの協賛メーカーの支援で、ワークショップや宝探し、星空鑑賞会などもあり、朝から晩まで子供たちがワイワイと楽しめる、素敵なイベントです。


フェス全体のレポートはこちら・・・http://www.mammothkids.com/hub/pow-wow

ニーハイメディアのみなさん、333discsさんお世話になりました!

01.JPG02.JPG
03.JPG04.JPG

2010年05月21日

2010年4月3日「おいでよ、にほんのうた」@浅草ライオン・ビルディング

4月3日土曜日、例年に比べて寒い日が続き、開花が遅れたソメイヨシノが東京でまさに満開を迎えた日、浅草のライオン・ビルディングにて「おいでよ、にほんのうた」を開催しました。

01.JPG02.JPG
03.JPG04.JPG


6月から行われる移動上映車による『にほんのうたキャラバン』のキックオフ・イベントということもあり、これ迄にほんのうたが行ってきた音楽のライブだけでなく、様々なアトラクションを用意。当日は、「ワークショップ」「昼の部ライブ」「夜の部ライブ」という3つのイベントをそれぞれ違った構成で行いました。


まずは正午から、子供たちのための「ワークショップ」。絵本「給食番長」でお馴染みの、よしながこうたくさんによる読み聴かせは、なんと、博多弁ヴァージョン!小学生に大人気の「給食番長」を、時に力強く、時に荒々しく、時に優しく、時にしんみりと、、、緩急をつけて読み分けるワザはさすがよしながさん!目の前の前まで興味津々で押し寄せて来た子供たちは、奇妙なかぶり物をとっかえひっかえしながら博多弁で絶叫するよしながさんとスクリーンに映し出される絵本をじーっと見て、聞き込んでいました。

つづいて、歌手の小川美潮さんが登場。小川さん自身による「花」(春のうららの隅田川~♪)を歌うコーナーに。素敵なピアニカの伴奏は、ピアニストの吉森信さん。よしながさんも飛び入りし、小川さんが歌う側で、生ペインティングを披露!一曲歌い終わる間に、飲んだくれのかわいい男の子(って子供が飲んだくれちゃダメですが、、)を書いてくれました。まさに桜が満開のこの日にうってつけのカラフルなイラストが完成!

そして、ワークショップ参加者みんなで「花」の合唱。小川美潮せんせいによる指導のもと、ちびっ子からお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんまで、会場にいる全員で楽しく「花」を歌いました。なんと、セルフ・アンコールも沸き上がるほどの盛り上がり。ちなみに5歳と3歳になる我が息子も最前列で参戦。次の日には「花」を鼻歌で(歌詞はさすがに覚えられなかったみたいですが)歌っていました。さすがのメロディーのちからを実感しました。

05.png06.JPG


このワークショップの司会は、SET(スーパーエキセントリックシアター)の鉄平さん。仮面ライダーWにも出演したイケメンお兄さんに、場内から「おにいちゃん知ってる~」の声もかかり、子供たちにとって、新旧さまざまな出会いを生んだワークショップになった事と思います。

07.JPG


15時からは「昼の部ライブ~春よ春よと、昼の宴~」。

最初は山村浩二さんによるアニメーション「頭山」の上映。この季節にぴったり、そして「にほんのうた」という括りに彩りを添えてくれる、非常に奥深い内容の短編映画でした。

ここで、先ほどのワークショップで歌のせんせいとして大活躍していただいた、小川美潮さんが登場。にほんのうた第三集に収録されている「花のまち」のほか、「はじめて」などのご自身の曲を交えつつ、カヴァー曲も多数。ヴォーカリストとしてのアグレッシブな部分も披露してくださりながら、小川美潮さんらしい、おおらかな、その場の空気を全て包み込むような歌声が浅草のゆったりとした午後に響き渡りました。

そして、昼の部ライブの締めくくりは、春風亭柳太郎師匠による「長屋の花見」。落語初心者が大半を占めるお客さんの前で、軽妙な入り口から鮮やかに噺へと切り込む姿は、さすが真打。多いに会場を沸かせてくださいました。

08.JPG


「昼の部ライブ」終了後...なんと!チンドン屋さんがこのイベントの告知の為、浅草の街を練り歩きました。約2時間の行程で、花見客で賑わう隅田川沿いにも進出。ほろ酔い加減の道行く人や外国人観光客に「なんの宣伝?」「写真一緒にとってくんないか?」など、浅草を楽しむ皆さんにほうぼうから声をかけていただきました。

09.JPG10.JPG


そして、19時からは「夜の部ライブ~夜桜満開、春のゆめ~」。

昼の部にひきつづき「頭山」の上映を皮切りに、柳太郎師匠の落語~Saignjiさんのライブという流れ。後日、柳太郎師匠は「Saigenjiさんはギターだけの弾き語りだったんだけど、いろんな技を駆使しカラフルに盛り上げてて面白かった。こうやって他のジャンルの人とも一緒の舞台に立てるのが、この商売のいいところかも。」と語っていらっしゃいましたが、まさしくその通り。日本の伝統芸能、落語の底力を柳太郎師匠を通じて感じた1日でした。

そして、そのSaigenjiさん。まずは、にほんのうた第四集に収録されている「雪」をしっとりと披露。雪の季節からは少し過ぎてしまったものの、Saigenjiさんのギター1本と声のみで奏でられる音楽に皆うっとり。彼らしいラテンのノリも交えつつ、「浜辺のうた」などの童謡も演奏してくださいました。

11.JPG12.JPG
※写真はリハーサル時


「夜の部ライブ」も含めて、終了したのは21時。
朝11時からオープンして、10時間にも及ぶ「おいでよ、にほんのうた」がこうして幕を閉じました。


3つのイベントだけでなく、1階にて、よしながこうたくさんの原画展とサイン会(まさしく長蛇の列でした!)と、にほんのうたで第二集以降参加アーティストの方に書いていただいている直筆イラストの原画を展示したりと、この日ライオン・ビルディング1階は、さながらアートスペースに。イベントとは無関係の、展示に吸い寄せられてふらっと入ってきていただいた方もたくさんいらっしゃいました。

13.JPG14.JPG
15.JPG16.JPG


また、童謡の楽譜集などを出されている老舗出版社・野ばら社さんと、
こども向け雑誌「mammoth」「baby mammoth」を出版されているニーハイメディアさん
にもお越しいただき、作品の展示や販売などもおこない、さらに場はにぎやかに。

たくさんの方の協力で開催できた「おいでよ、にほんのうた」。
0歳から80歳代まで、世代を超えてたくさんの方にお越しいただきました!
皆様、本当にありがとうございました。


2010年03月30日

春よ春よと、昼の宴

先週末から昨日にかけて、どんよりとても寒い日が続きました。

「こんなんで桜が咲くわけないだろ!」とつっこみながら歩いていましたが、
今日、寒いながらもようやく日差しが出てきましたね。
明日からは暖かい日が続くそうです。今週末には見頃になる事を祈っています。


さていよいよ今週末に迫った『おいでよ、にほんのうた』ですが、
ワークショップは応募多数のため、予約を締め切りました。

そのワークショップで歌を教えてくださる、小川美潮さんのライブが
当日15時から行われます。


■3階「春よ春よと、昼の宴」(昼のライブ)
開場 14:30~ 開演 15:00~ 
料金 3,500円(大人/小学生以下無料)60名限定

<内容>
ライブ:小川美潮
落語:春風亭柳太郎 演目「長屋の花見」
上映:山村浩二「頭山」(アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート作品)


小川美潮プロフィール:
80年、当時のニューウェーブ・シーンを代表するロックバンド "チャクラ" のヴォーカリストとしてデビュー。 90年代を代表する名作と称された『4to3』をはじめ、3枚のソロアルバムを発表。 94年には細野晴臣LOVE,PEACE&TRANCEに参加。現在は96年より大川俊司(B)、板倉文(G)らと結成しているバンド "ウズマキマズウ" を中心に、器楽的なボーカルアプローチの "スプラゥトゥラプス" 、渋谷毅(Pf)とのユニット等で活動中。「美潮ワールド」ともいうべき天真爛漫なその歌世界は、今なお成長し続けている。


にほんのうた第三集の1曲目で「花のまち」を歌われた小川美潮さん。
「花のまち」はひとりで何度もヴォーカルを重ねる多重録音で完成した楽曲です。シリーズのプロデューサーである岡さんは、制作の早い段階からこの曲を1曲目に持ってきたいと考えていたそうです。『にほんのうた』シリーズ全体を通しても "抜群の楽曲" と評判のこの曲、きっとライブ当日も歌ってくださると思います。

ちなみに、私もこの『にほんのうた』で初めて小川美潮さんの音楽の凄さに触れ、その人柄に惚れてファンになってしまい、ライブに通っています。昨年末の渋谷毅さんとのクリスマスライブでの「ちょっとまってふゆ」というこども向けの唄を聴いて、いつか美潮さんにこども向けワークショップをやっていただきたいと思いました。

早くも叶って、嬉しいです。


小川美潮「窓」1991年
http://www.youtube.com/watch?v=FTusgEERwM4


ライブのご予約はこちらから・・・
http://nihonnouta.net/utage.html

2010年03月25日

4/4放送 TBSラジオ「ラジオワールド にほんのうた」

「にほんのうた」を大貫妙子さんがご紹介する1時間の特別番組の放送が決定!
様々なアレンジで甦った「にほんのうた」を聞きながら、やさしい気持ちになれる
スペシャルプログラムにご期待下さい。

放送日時:4月4日(日)19:00〜20:00放送
番組名:TBSラジオ「ラジオワールド にほんのうた」
パーソナリティ:大貫妙子
その他の出演者:坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏、小山田圭吾(予定)

4/3「おいでよ、にほんのうた」準備中

4月3日のイベントへ向けて連日、着々と準備が進んでいます。


本日はflyerとポスター配布で、小川美潮さんがヴォーカルの講師をつとめる秋葉原の「HOT MUSIC SCHOOL」にお邪魔してきました。

初めてアポ無しで伺ったにもかかわらず、コーヒーとカステラでおもてなしして下さる程のフレンドリーっぷり。今回小川美潮さんにはライブだけでなく、こども向けワークショップで"歌のおねえさん"としてもご登場いただく事になっています。スクールの事務の方からもお墨付きを頂き、長年の教師としての経験と美潮さんのすてきな人柄で最高のワークショップになるのではないかと思います。なにより、あの歌声を生で聴けて、教えてもらえる子供たちがうらやましいです!

ワークショップは定員まで残り僅かです。ご予約はお早めに。
ワークショップと昼ライブ「春よ春よと、昼の宴」(小川美潮さんのライブ、柳太郎師匠の落語、「頭山」の上映)をセットにして、合間の約2時間で隅田川沿いへお花見散策、というコースもオススメです。


今回は東京の観光名所・浅草での開催という事で、浅草の地元のお店にあちこち
flyerとポスター配布にかけずり回っていますが、どのお店の方も快く協力してくれます。
みなさん本当にありがとうございます!!!(写真は洋食の名店「ヨシカミ」さん。入り口にポスターを貼らせていただきました。)


「おいでよ、にほんのうた」イベント詳細はこちら・・・
http://nihonnouta.net/utage.html


yoshikami.jpg

2010年02月17日

CINRA.NETにて

カルチャーニュースサイト CINRA.NET にて、

ASA-CHANG
信藤三雄(コンテムポラリー・プロダクション/「にほんのうた」デザイナー)
岡一郎(「にほんのうた」プロデューサー)

御三方による「にほんのうた」についてのインタビューが掲載されています!

http://www.cinra.net/interview/2010/02/16/000000.php

ぜひ読んでみてください。

2010年01月26日

本日25時より

本日1月26日深夜25時(27日午前1時)から文化放送 "リッスン" ゲストはASA-CHANG。
にほんのうた第四集「北風小僧の寒太郎」について語ります!!!

アニメを聴いてるような、飛び出す絵本みたいなASA-CHANGのアレンジに、
中納良枝(EGO-WRAPPIN')さんが弾けまくって跳ねまくって唄ってます。

楽曲も、
ナニを語るか?ASA-CHANGのしゃべりも、
必聴ですよ!

http://www.mmqr.net/listen/